「好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまいそうだ」

って歌詞からはじまる椎名林檎の「月に負け犬」って曲が大好きなんです。

高2のときに地元ではじめて観た椎名林檎のライブが「月に負け犬」からはじまった思い出の曲だっていうのと、歌詞が好きだから。


この曲が好きなひとって、冒頭の1節が大好きだと思うんす。
大好きというか、激しく共感するっていうか。

僕もそうなんですけど、この曲を聞いていらい10数年間・・・

「好きな人やものが多すぎると見放されちゃうよなぁ」 
「好きな人やものが多すぎると見放されちゃうんだなぁ」 

って思って過ごしてきたんですね。
なんとなく説得力あるじゃないですか。

子供のころから大好きな友達とかオモチャとかゲームとか場所とかたくさんあったんで、見放されるってコトバの怖さと強さにとらわれてしまって。

でも、30歳でフリーになったときに僕に声をかけてくれたりお手伝いさせてもらってるものは、好きな人やもの経由。いろんなことに「大好き!」って言ってた結果なんだなと思ったときに、見放されてないってことにも気づけて。むしろ、好きの結果が今だと。

それで、なんかこの一節から卒業できたんだなぁって思った。

っても、今もこの曲大好きで聴いてるし

明日 くたばるかも知れない
だから今すぐ振り絞る
只 伝わるものならば 僕に後悔はない 

 って歌詞は大好き♪

ほいじゃったら。